ソワン美容液の口コミ@毛穴対策にバッチリって本当?

ソワン美容液の口コミ@毛穴対策にバッチリって本当?

ソワン美容液の口コミを掲載中!

 

 

今まで毛穴対策に沢山の美容液とかスキンケアを使ってきましたが、正直改善する事はありませんでした。

 

 

そんな私が試したソワン美容液はどうなったのか?体験した口コミ結果やいかに

 

 

 

高校、大学と陸上のスポーツ推薦で進学してきて自分がこういうタイプだったのかを大学に入学してから知りました。私は典型的なB型で人に縛られたり、連帯感みたいなものがとても大嫌いです。何が好きだったかというと自分で自由になれる場所というのが自分にとってとても重要な項目でした。それに気がついたのが大学に入学してからなのです。

 

 

 

私が進学した大学は体育の大学でいわゆるスポーツ界の上級選手の集まりでした。なので私もインターハイには出場しているのですがその大学ではインターハイに出場している事は何のステータスにもなりません。推薦で入学するにはその位の実力が必要になっているので自然とそのレベルの方々が集まっています。それに対し私のいた中学、高校はお世辞にもスポーツが強いとはいえず指導者に関しても私のやっている種目に対しては全くの専門外で、練習メニュー等も自分で決めて自分の好きな様に練習をしてきました。B型の私にとってはそれがインターハイに行けた理由だったのです。

 

 

 

 

自由気ままが大好きな私にとって体育の大学はとても窮屈でつまらないものでした。毎日毎日体育会系特有の挨拶や朝礼、無駄な歓迎会に一発芸、先輩のいう事には服従、練習メニューも決まっており皆で一緒にトレーニングというのが当然の集まりでした。それまで自分なりに工夫をしながら好きな様に練習をしてきた私にとっては情熱を冷ますには十分でした。

 

 

 

それまで部活のみに生きてきており、遊ぶ時間や勉強、テレビ等様々な事を犠牲にして陸上競技に明け暮れてきたのが一気に手元に何も無くなった瞬間、自分という存在の小ささに気づかされました。それからはアルバイトに明け暮れる様になり、それまで陸上に捧げていた情熱をアルバイトに注ぐようになりました。授業よりも何よりもアルバイトで店に貢献するという気持ちを持ちながら勤務しておりました。そうしないと陸上を失った私には縋るものがありませんでした。やはり人間は何かを一生懸命にやっている時が1番楽しい時なのだなと感じました。すると不思議な事に陸上を失って自分は価値のない人間なんだ。と思っていても別に他の誰も私に対する対応が変わったりもしないんですね。自分の人生の主人公は自分なんです。

 

 

気になるのは就活をしないで、特別な何かを追い求める人が多くなったことかなと。

 

 

特別技術や何かがなくても勝負できる世界。来年の6月に何かしらの営業結果が出ていなければ仕事を辞めたい。

 

 

 

営業辞めたい

 

 

別に陸上でインターハイに行こうが、地区大会で敗退しようがその人の主人公はその人自身であり、他の人の人生に関心等ないのです。なので逆に自分がダメだと思っていても周りの人はそこまで自分に関心が無いのでそんな事すら思っていないというのが現実なのです。人生はいつでも再スタートができると気がつきました。これはある意味陸上を挫折しないと気がつかない世の中の真理だったといえます。

 

 

ソワン美容液の口コミをお楽しみください。